イベント

日本動脈硬化学会に参加しました。(2017.7.6)

7月6日、グランドプリンスホテル広島にて開催された日本動脈硬化学会に堀教授が参加し、留学先の恩師Dr. Ann Marie Schmidt、本学 血管分子生物学(生化学第2) 山本靖彦教授とRAGE (Receptor for Advanced Glycation End products)を介した血管障害について議論しました。

研究室に新メンバーが加わりました。(2017.7.3)

医学類1年生の長尾さんが研究室の新メンバーに加わりました。頑張っていきましょう。

奈良医大の和中明生先生のセミナーに参加しました。(2017.7.3-4)

7月3日、奈良県立医科大学 第2解剖学講座 和中明生先生による「中枢神経アストロサイトの形態、機能の多様性」というタイトルの講演が行われました。セミナー後は、片町にてグリア細胞の魅力について語り合いました。

兵庫医大の松山知弘先生にセミナーに来ていただきました。(2017.6.28-29)

6月28日、兵庫医科大学 神経再生研究部門 松山知弘先生が来訪され、「傷害誘導性多能性幹細胞による脳梗塞治療」というタイトルで公演されました。夜は卯辰山にて金沢のおいしい料理をいただきました。

Zenさんが百万石まつりに参加しました。(2017.6.3)

6月3日、タイからの留学生Zenさんが第66回金沢百万石まつり“百万石踊り流し”に参加しました。踊りも実験も日本語もメキメキ上達しています!

研究室に新メンバーが加わりました。(2017.5.9)

Zenさん、坂賀さんに続いて、さらにメンバーが増えました! 医学類1年生の中村君が研究室の新メンバーに加わりました。若い人が増えて研究室にとっても良い刺激になっています。

研究室に新メンバーが加わりました。(2017.4.4)

春は出会いの季節です。タイからの留学生Zenさんと、医学類2年生の坂賀さんが研究室の新メンバーに加わりました。期待の新人を迎えた第3解剖を、本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

第122回日本解剖学会総会・全国学術集会に参加しました。(2017.3.28-30)

3月28-30日、長崎大学坂本キャンパスで開催された第122回日本解剖学会総会・全国学術集会に堀教授、服部准教授、石井助教、Thuongさん、Jureeさんが参加しました。「くも膜下出血マウスモデルにおける早期脳損傷病態」(石井助教)の演題にて口頭発表、そして「Deletion of Herp Enhances HO-1 Expression in a Mouse Model of Parkinson’s Disease」(Thuongさん)、「A role of CD38 in Cuprizone-induced Demyelination」(Jureeさん)の演題にてポスター発表を行いました。

遠山くんが卒業式を迎えました。(2017.3.22)

3月22日、MRTプログラム医学類6年生の遠山くんがついに卒業式を迎えました。卒業証書とMRTプログラム修了証が笑顔とともに輝いています。医師国家試験も最優秀の成績で合格し、春からは東京都港区・虎の門病院で医師として羽ばたきます。さらなるご活躍をお祈りいたします。卒業おめでとうございます!

第90回薬理学会年会に参加しました。(2017.3.15-17)

3月15-17日、長崎ブリックホール/長崎新聞文化ホールアストピアにて開催された第90回薬理学会年会に宝田助教が参加し、「ATF6alpha promotes retinal ganglion cell survival after optic nerve injury」について口頭発表しました。懇親会では長崎くんちでお馴染みの見事な龍踊りを見ることができました。

医学類MRT 6年生 遠山君と 脳外科 会田先生の送別会を行いました。(2017.3.14)

3月14日、片町の「あんやと」にて医学類MRT 6年生の遠山君、脳外科の会田先生の送別会を行いました。社会人となる遠山君にはネクタイが、そして近くご結婚される会田先生には夫婦箸がプレゼントされました。これからも頑張ってください!

グリアの生後発達におけるCD38の役割を明らかにした、服部准教授の論文のプレスリリースが公開されました。(2017.3.13)

服部准教授の論文が大脳皮質発達の新しい仕組みとして注目され、 Yahooニュース(3月12日)、北國新聞、日本の研究.com(3月13日)、中日新聞(3月14日)、QLife Pro医療ニュース(3月16日)、m3.com臨床ニュース(3月17日)の記事でも取り上げられました。

Yahooニュース
中日新聞
日本の研究.com
QLife Pro医療ニュース
m3.com 臨床ニュース
金沢大学プレスリリース

第1回Neuro-Vascular Meetingに参加しました。(2017.2.25)

2月25日、神戸薬科大にて開催された第1回Neuro-Vascular Meetingに宝田助教が参加し、「網膜神経節細胞死に起因するシグナルネットワークにおける小胞体ストレス応答の重要性」について口頭発表しました。懇親会では皆で楽しく美味なお酒と料理を堪能しました。

Neuroscience Research Seminar / 神経リサーチセミナーに参加しました。(2017.2.13)

2月13日、十全スタジオで開催されたNeuroscience Research Seminar/神経リサーチセミナーに参加しました。「ミクログリア活性化における小胞体ストレスセンサー分子ATF6alphaの役割」(堀教授)、「自閉症関連因子CD38によるグリア細胞の発達制御」(服部准教授)、「網膜神経節細胞死における小胞体ストレス応答の保護的効果」(宝田助教)の演題にて口頭発表しました。

解剖学教室の合同新年会を行いました。(2017.1.27)

1月27日、八兆屋金沢片町店にて解剖学3教室(組織発達構築学、機能解剖学、神経解剖学)のメンバーで合同新年会を行いました。上品で美味しい酒と肴に舌鼓をうち、英気を養った夜でした。

第19回武田科学振興財団生命科学シンポジウム「慢性炎症:機序と制御」(大阪府吹田市)に参加しました。(2017.1.20-21)

1月20-21日、武田薬品研修所にて開催された、第19回武田科学振興財団生命科学シンポジウムに堀教授と石井助教が参加しました。堀教授が「A novel role of ATF6 alpha, a master transcriptional factor of the unfolded protein response (UPR), in a microglia-mediated neuroinflammatory disease」の演題にてポスター発表を行いました。

新学術領域 細胞競合・ダイイングコード合同若手ワークショップに参加しました。(2017.1.17-19)

1月17-19日、ホテルコスモスクエア交流センターにて開催された新学術領域 細胞競合・ダイイングコード合同若手ワークショップに、宝田助教が参加し、「網膜神経細胞死に起因するシグナルネットワークにおける小胞体ストレス応答の重要性」について口頭発表を行いました。

基礎配属の学生さんの成果発表が第2位を受賞しました!!(2017.1.17)

12月22日に行われた、基礎配属の祖父江君、中野君、谷山君、上久保君、そして永井さんによる研究成果発表がたいへん優秀なものとして学年第2位の栄誉を受けました。皆さんの努力が実り、研究室一同で喜んでいます。おめでとう!!

基礎配属の発表会が行われました。(2016.12.22)

12月22日、基礎配属の発表会が行われました。5分間という短い時間ですが、大変良いプレゼンでした。きちんと質問にも答えられていました。これからもがんばってください。

基礎配属の打ち上げ&Hieuさんの送別会&忘年会を行いました。(2016.12.12)

12月12日、基礎配属の打ち上げ&Hieuさんの送別会&忘年会を片町で行いました。基礎配の学生さん、実際に実験をしてみてどうでしたか?発表会、頑張ってください。Hieuさん、あっという間の4年でしたね。体に気を付けて、頑張ってください。教室の皆さん、今年も1年お疲れ様でした。来年も、みんなで頑張っていきましょう。

マウス多発性硬化症モデルにおける小胞体ストレス応答遺伝子ATF6の役割を明らかにしたHieuさんの論文が、Journal of Neurochemistryの表紙を飾りました。(2016.12.8)

マウス多発性硬化症モデルにおける小胞体ストレス応答遺伝子ATF6の役割を明らかにしたHieuさんの論文が、Journal of Neurochemistryの表紙を飾りました。
業績はこちら

今年の基礎配属が始まりました。(2016.11.14)

今年の基礎配属が始まり、医学類3年生の祖父江君、中野君、谷山君、上久保君、永井さんの5名が教室に加わってくれました。実際の脳の研究に触れて、少しでもその面白さや大切さを学んでください。

新メンバーの歓迎会を行いました。(2016.10.27)

10月27日、新メンバーの歓迎会をレストラン「ヴァンベール」にて行いました。脳外科 中尾先生、医学類1年 片山さん、おいしいものを食べてがんばっていきましょう!

2016年度日本損害保険協会助成金贈呈式に参加しました。(2016.9.16)

9月16日、日本損害保険協会の交通事故医療研究助成金 特定研究「脊髄損傷における可塑性の評価」(助成額200万円)に石井助教が採択され、東京・お茶の水 ホテルジュラク白鳥の間で行われた贈呈式に出席しました。

第59回 日本神経化学会(福岡)大会 38回日本生物学的精神医学会合同年会に参加しました。(2016.9.8-10)

9月8-10日、福岡国際会議場にて開催された第59回 日本神経化学会大会 38回日本生物学的精神医学会合同年会に、宝田助教と大学院生のHieuさんが参加し、「Protective roles of ATF6α in optic nerve crush injury, a model of neurodegeneration」(宝田助教)、「Atf6α deficiency suppresses microglial activation and ameliorates pathology of experimental autoimmune encephalomyelitis」(Hieuさん)を口頭発表しました。Hieuさんはこの発表で優秀発表者賞を受賞しました!
8日と9日の学会後に開催された第9回神経化学の若手研究者育成セミナーに宝田助教が講師として参加し、「中枢神経系疾患におけるアストロサイト」についてセミナーを行いました。

第17回 ORIGIN 神経科学研究会 2016(福井)に参加しました。(2016.8.27-28)

8月27-28日、福井県芦原温泉にて開催された第17回 ORIGIN 神経科学研究会 2016に、堀教授、服部准教授、宝田助教、大学院生のHieuさん、Thuongさん、Jureeさんが参加し、「軸索傷害性神経細胞死における小胞体ストレス応答の保護的効果」(宝田助教)、「ATF6α欠損はミクログリアの活性化を抑制し、実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態を軽減する」(Hieuさん)を口頭発表しました。また、Hieuさんの論文 “Atf6α deficiency suppresses microglial activation and ameliorates pathology of experimental autoimmune encephalomyelitis.” が遠山賞を受賞しました!おめでとうございます!

解剖学教室の合同暑気払いを行いました。(2016.8.19)

8月19日、香林坊にて、解剖学3教室(組織発達構築学、機能解剖学、神経解剖学)のメンバーで暑気払いを行いました。大人数で楽しくお酒と料理を堪能しました!

関東研究医養成コンソーシアム第7回夏のリトリートに参加しました。(2016.8.18-19)

8月18-19日、群馬県伊香保温泉にて開催された、関東研究医養成コンソーシアム第7回夏のリトリート(関東リトリート)に遠山友希君(6年),鍛治稔君(4年)が参加し、「Atf6αの欠損は舌下神経軸索切断後のミクログリアの活性を抑制し、神経保護に寄与する」(遠山君)、「自閉症関連因子CD38の脳発達期における発現分布の検討」(鍛冶君)についてポスター発表を行いました。遠山君の発表はみごとポスター賞を受賞しました!おめでとうございます!

鈴鹿医療科学大の郡山恵樹先生にセミナーに来ていただきました。(2016.8.8-10)

鈴鹿医療科学大学大学院薬学研究科 中枢神経薬理学 郡山恵樹先生が来訪され、「無いものねだりの中枢神経再生戦略と機能再建」というタイトルで講演されました。

兵庫医大の松山知弘先生にセミナーに来ていただきました。(2016.7.29-30)

兵庫医科大学 神経再生研究部門 松山知弘先生が来訪され、「内在性幹細胞による脳梗塞の再生医療」というタイトルで講演されました。

MRTプログラム 第7回学内リトリートが開催され、医学類6年生 遠山友希君、4年生 鍛冶稔君が口頭発表しました。(2016.6.17)

6月17日 医学図書館十全記念スタジオで行われたMRTプログラム 第7回学内リトリートで、医学類6年生 遠山友希君、4年生 鍛冶稔君が、それぞれ、「ATF6α Deficiency Suppresses MicrogliasActivation and Protect Neurons after Hypoglossal Nerve Axotomy」、「自閉症関連因子CD38の脳内における分布」というタイトルで口頭発表しました。2人とも落ち着いて発表し、内容も非常にわかりやすかったです。関東リトリートでも頑張ってください。

過去のイベント